オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 2

<<   作成日時 : 2013/02/17 18:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

バランス悪し。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 2 (GA文庫)
ソフトバンククリエイティブ
大森 藤ノ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 2 (GA文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「・・・・何で、いつも逃げちゃうの?」

んー?
いや、相変わらず世界観は良いし、ベル君の成長速度も良いのですけれど、その成長がアイズたんへの憧憬と恋慕から来ているのに、新キャラの事情に丸々1巻使うのは物語の本筋がブレるというか、なんか違うというか。
ぶっちゃけその新キャラ自体があんまり魅力的じゃないのでにんともかんとも。

境遇には同情するけどやってる事がやってることだから結局はただの自業自得なわけで。
かつての自分を見て救いたいというベル君は良い子だね?とは思うけれどだからってシリーズ始まったばかりのこの2巻で、アイズたんとの絡みもほとんどない現状で、いきなりこの新キャラの問題解決に丸々1巻も使うのはちょっと違うんじゃないかな?とは思わないでもないです。

まだまだレベル差がある・・・というかさらに開いちゃったわけですけど、高嶺のアイズとまもとに絡めるのはまだまだ先のこととする事自体はむしろ良いと思うし、膝枕イベント&逃亡の顛末は接触具合が適度でなおかつちゃんと印象に残る良いバランスだとは思うし、描写が少ないながらにちょっと気になる男の子に・・・というか逃げられた事で気にしていた男の子にまたも逃げられて凹むアイズたん萌え〜って感じで、アイズの描写と絡み具合自体は申し分ないバランスだとは思うのだけれど、だからって新キャラにのみ傾注してしまうとアイズたん「が相対的に薄まっちゃうわけで・・・・・。
もうちょい手広く、あくまで薄く広く輪を広げつつ物語の軸にルルを据えた方が良かったんじゃないかなぁとか。

とまぁどうもこの2巻は構成のバランスが引っかかって素直に楽しみきれなかったですね。


それ以外では駄神様が可愛いです。
神様マジ駄目可愛い。
酒飲んで酔っ払って思いの丈ぶちまけて満足してニヘニヘ笑ってる駄神様が可愛かったです。
ちなみにこれはニヘニヘである事が重要ですよ?

あと、エイナさんが勝手に陥落し始めてるのに笑った。
エイナさんが自分の好みを自分で考察して出した結論に「それなんてだめんずおぉ〜か〜?」と言わずには居られないわけで。
まぁベルくんは別に駄目男じゃないですけどね。
そういう意味ではベル君に落ちておくのはエイナさん的には幸せな結末な気がします。


とりあえず更なるアイズたんとの接触フラグも立っているので3巻が早く読みたいですね。
きっちり盛り返して、盛り上げてくれる事を祈りますよ?


1巻の感想
http://otakouta.at.webry.info/201302/article_9.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 2 オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる