オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS アマデウスの詩、謳え敗者の王―黄昏色の詠使い〈3〉

<<   作成日時 : 2013/11/19 21:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(>▽<)きゃー♪.(>▽<)きゃー♪.(>▽<)きゃー♪. ←落ち着け

黄昏色の詠使いIII アマデウスの詩、 謳え敗者の王: 3 (富士見ファンタジア文庫)
KADOKAWA / 富士見書房
2012-09-27
細音 啓

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 黄昏色の詠使いIII アマデウスの詩、 謳え敗者の王: 3 (富士見ファンタジア文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「ねえ、ネイト」
「――おやすみのキス、して」


(>▽<)きゃー♪.(>▽<)きゃー♪.(>▽<)きゃー♪.
クルーエルさんったらマジ魔性。
年端も行かない少年にこんなセリフ。

メロメロになってまうやろーーーっ!

綺麗に幕を閉じた1巻から上手く繋げた2巻にて登場した新たなる色の名詠式――灰色名詠。
その使い手たる老人がトレミア・アカデミーを襲撃!

というのがこの3巻。
他にこの世界の超越者たる存在の集まりであり、あの1巻のもう1人の主人公とも言えた虹色名詠士・カインツも所属する「イ短調」の存在が明らかになったり、クルーエルさんの存在がいよいよ謎めいてきたり。

そんな感じで色々ありましたがでも結局はこれに尽きると思うのですよ。

クルーエルさん×ネイトのおねしょた

ネイトを護るためにイ短調に噛み付いてみたり、夏休みに家にも帰らず二人っきりでイチャイチャ(←妄想)名詠式の練習したり、かと思えばまだまだ未熟なネイトを信じて背中を押して自分の命を預けたり。
クルーエルさんの溺愛っぷりがマジパネェ!

一方でネイトもそんなクルーエルさんの信頼に応えてみせてカッコよかった!
その余禄であるアーマとのやり取りも思わず笑みがこぼれました。

相変わらずの丁寧な心理描写に名詠が合わさり独特の雰囲気を情感たっぷりに醸し出す素晴らしい作品であります!

読み直したいなぁ、読み直したいなぁとはずっと思っていただけに1冊読んじゃうともう止まりませんね。
ラストの10巻まで突っ走るのみであります!∠(`・ω・´)


1巻の感想はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アマデウスの詩、謳え敗者の王―黄昏色の詠使い〈3〉 オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる