オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS 魔人勇者(自称)サトゥン(1)

<<   作成日時 : 2014/09/16 18:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

勇者(自称)に憧れた英雄の物語。

魔人勇者(自称)サトゥン(1) (モンスター文庫)
双葉社
2014-08-30
にゃお

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 魔人勇者(自称)サトゥン(1) (モンスター文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「決まっておろう!私がちやほやされるために、人助けをするのだ!偉業を達成するのだ!具体的な事は知らん!がはは!」


web版を序盤も序盤で読むのを止めていた作品なんだけど書籍化を機に読み進めてみたら面白かったので購入。
再び読み直す契機となった書籍化に感謝したい作品。


タイトルにもなっている勇者(自称)サトゥン様はインフレ具合が酷い万能っぷりでそんな彼の視点で話が進む序盤には若干ついて行けない・・・というか万能すぎて面白みがないんだけれど、むしろこの作品の主人公はそんなサトゥンに救われ、彼に憧れた一人の少年・リアン。
彼を中心にした「英雄の雛たち」とサトゥンの物語というところか。

いわゆる王道的な少年少女の成長英雄譚。
サトゥンに憧れ、力を求め、ひたむきに前へと進んで行くリアンや、家族を護る為に英雄にならんとした姫・マリーヴェルのその始まりの決意を思い出す流れなどまさしく王道であり、安心して見ていられる。

万能感溢れるサトゥン様はそのお馬鹿さ加減と自分勝手さに底抜けの陽気さが上手くブレンドされていて味のあるキャラに。
まぁ本格的に物語に関わってきちゃうとすべてがヌルゲーになるので基本的に蚊帳の外・・・というか明後日の方向で「フハハハ」と高笑いしているだけなのですが。


ともあれイイ感じに真っ直ぐで王道で、それでいてサトゥン様の存在がスパイスになっていて面白かったです。
2巻以降も期待してます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
魔人勇者(自称)サトゥン(1) オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる