オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS 焦焔の街の英雄少女2

<<   作成日時 : 2015/01/12 19:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

なかなかハッピーな終わり方を見せてくれませんねぇ。

焦焔の街の英雄少女2 (MF文庫J)
KADOKAWA/メディアファクトリー
2014-09-24
八薙 玉造

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 焦焔の街の英雄少女2 (MF文庫J) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「フラグなんて知るかよ!俺がこんなところで死ぬわけねえ」

いや、また引きがかなりアレな・・・・。
英雄として踏ん張るための心の支えである光義失っちゃったら杏ちゃんどうなっちゃうのよ?っていうね。
入院で1週間会えない時点でかなりテンパッて・・・・・るのはいつもの事か。
あれ?意外と平気か?
などと思っちゃったりなんかするわけですけど実際にはどうなる事やら。

てっきり剣の方に問題があるんだとばかり思ってたんですけど、そりゃ普通に考えればそっちですよねーっていう。
さすがにちぎれた腕が生えてくるとかそんなミラクルはなかった模様で、実際には剋獣との半共生というか寄生というか。
龍気を用いなければ戦えないのに龍気を使えば暴走や死亡の可能性が、そして露見すらも何をもたらすか分からないせいで対策を考える事すら自分達のみで、というかなりのナイトメアモードなんですけど二人のやり取りが1巻の頃と変わらないせいで、あれ?そこまで深刻な話じゃないの?みたいな(笑)

いやいや、つまり最初からかなりのっぴきならない状況に二人は追い込まれていたのだよという意見もある一方で、あの豆腐メンタルは実は物語が深刻になってもそれを感じさせないという効能もあったんだよ!Ω ΩΩ< な、なんだってー!!とかそういう話もあるとかないとか。

お互いにとって何よりも大事なのはお互いの存在だというのだからもうリア充爆発しろ!的なバカップルになってもいい気がするんですけど、そうは問屋が卸さないのはお互いの性格のせいなのかはたまた境遇のせいなのか。
本気でバカップルになったらこの二人どうなっちゃうのか自分としては見たいような見たくないような。


さて、物語の方はひたすら襲い来る剋獣を倒して世界を守れ!みたいな単純なノリで進むというわけではないようで、剋獣と手を組む(?)テロリストの存在とか出てきたり、そこに与する剣皇がいたりとか。
攫われた光義の視点からテロリスト側の事情が描かれるのか、はたまた主人公とヒロインがひたすら追い込まれる展開になるのか。
作者が作者だけに後者の可能性が普通に高そうでちょっと怖いぜ。


1巻の感想はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
焦焔の街の英雄少女2 オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる