オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS 魔技科の剣士と召喚魔王 9

<<   作成日時 : 2015/06/26 20:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

これもう18禁だろ(笑)

魔技科の剣士と召喚魔王<ヴァシレウス>9 (MF文庫J)
KADOKAWA/メディアファクトリー
2015-06-25
三原みつき

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 魔技科の剣士と召喚魔王<ヴァシレウス>9 (MF文庫J) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「一樹お兄さん、属性というものには<誘い受け>というものがあってですね・・・」

ここ最近また音沙汰なかったわけですけどね、これはまぁ発売スケジュール問題で読むものがないので仕方なかったりするわけです。(と言いつつ積読は増えるばかり)
その隙間を埋めるようにいくつかエロゲの妄想じみた記事を書いたり、漫画の感想を書こうと思ったんですけどね。
なんかやたらエラー連発で記事が消えるんですよ。
最近、なんか多いのよね。
ブラウザバックして戻れりゃ良いんですけどね、ページの有効期限切れで完 全 消 失 !とかもう書く気なくすのでね。
そもそもが駄文ですしね。
保存する前にコピーでもしておけば良いんでしょうけどね、粗忽なんでしょっちゅう忘れるし、忘れたときに限ってエラー出るし。
そんなわけで最近音沙汰がなかったわけです。
はい、誰に言い訳してるんでしょうね。
まぁやるせなさを吐き出すための愚痴ですね、愚痴。


そんなわけで本題である感想です。

ようやく、対大和の内戦終了ですね。
一樹自身、母との邂逅で王として立つ境地に至り、かなにゃんも覚醒して攻略対象にもなって好感度もぶっちぎりで大 勝 利 !状態な第9巻です。

で、まぁ冒頭でも言ったようにエロいです。
もうこれ官能小説みたいなもんでしょ?というレベルで一線を越えてない・・・・のか?みたいなそこももうあやふやな感じです。
前戯で潮吹きまくりです(笑)
魔法で後始末できるから周囲にバレなきゃどこでだって出来るぜ!みたいなノリです。
ハレンチ!

初っ端の幼女改め妖女レメとの寝起きイチャつきに始まり、小雪とのデート、雪山登山のカマクラ4P、かなにゃんとの決闘後イチャつきと躊躇はしません!躊躇はしません!(大事な事なのでry)

さすが現在MF文庫で1,2を争うお気に入り作品だけあります。
と、言っても別にエロいから好きなわけじゃないんですよ。
それぞれに何かを抱えた女の子を助けて、支えて、受け入れ、肯定するという女の子にとっての「都合よさ」がハーレムに引き入れるきっかけであり、その上で離れていかないように定期メンテナンスじみたイチャつきを欠かさずに常に配慮し愛を振りまく。
そしてハーレムを形成しなければいけない理由付け。
ここまでハーレムと言うものに真摯に向き合った作品が他にあるだろうか!いやない!

って、まぁ実際のとこカンピオーネのエリカみたいに上手く差配できる人間がいた方が回りやすいような気がするというか、「みんな仲良し」はちょっとムシが良い気はしますけどね。
でも余所のハーレムと比べるとやっぱ力の割き方は上だと思いますよ、この作品。


そして、その上でちゃんと異能バトルと戦記的な(?)要素も用意されていてハーレムだけの作品になっていないわけですよ。
国同士の利害と対立に神魔の秩序と混沌の対立と言った対立構造が様々な思惑を持った勢力を活かしていてちゃんと本筋も面白いんですよね。
一樹の特性上敵であっても味方に引き入れられるのでどの敵が味方になるか分からないのでそういう点でもわくわくしますし、ベアトリクスちゃんは味方になりますか?!っていうかして!

さらに今回なら一樹の母親の過去の最後の決戦へと赴く情景や、一樹の見せた初めての我がままなど。
涙なしには読めぬ胸に来る展開も書けるわけで完璧ですね!完璧ですね!(大事なry)


というわけで内戦終了で日本統一です。
そして今後はアメリカ行きですね。
問題は誰が付き添うのか?ですね。
多分リズリザ先生は行くんじゃないですかね?
攻略する必要ありますし、そういう意味ではベアトリクスちゃんもでしょうか。
忍舞先輩辺りも今回の挿絵の犬っぷりを思うに連れて行かないと拗ねそうですし、かといって今回出てきた寵姫魔法使いも一人くらいは連れて行かないとしんどいような?
でもよくよく考えると勾玉のおかげでワープできたりするんですかね?
行き来自由?そこまで便利じゃないか・・・?

で、対立軸はすこしすっきりしてきましたね。
中国・ロシアにロキと日本・イギリスに梁山泊。
イタリア・ドイツはまだまだ不明?
そして中国と反発する梁山泊はいずれロキと中国が袂を分かつときにロキとくっつく可能性も・・・・ってあんますっきりしてないか?


まぁそんなわけでまだまだ続くし面白さ(とエロさ)は加速するよ!な第9巻でした。



シリーズの感想一覧
       

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
魔技科の剣士と召喚魔王 9 オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる