オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS web小説諸々

<<   作成日時 : 2015/11/17 03:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

色々読んでます(書籍化作品)

加賀100万石に仕えることになった (カドカワBOOKS)
KADOKAWA/角川書店
2015-10-10
シムCM

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 加賀100万石に仕えることになった (カドカワBOOKS) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



大陸英雄戦記 1 (アース・スターノベル)
泰文堂
悪一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 大陸英雄戦記 1 (アース・スターノベル) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



その無限の先へ (2) (MFブックス)
KADOKAWA/メディアファクトリー
2015-11-25
二ツ樹五輪

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by その無限の先へ (2) (MFブックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


今月に入ってからweb小説を読みまくりです。
先月買った作品や今月発売作品で試し読みしてみたものが悉く面白くて先が気になってそのまま読み続けて・・・という感じで書籍換算するとどのくらいになるんだろ?
下手したら20冊分くらいいくのかな?

いったいどこまで書籍化されるのかわかりませんがどれも面白いので完結までエタることなく連載し、そして書籍化して欲しいモノですね。
まぁ、「銀河戦記の実弾兵器」以外値段が1000円超なのでそういう意味ではあまり嬉しくない悲鳴な気もするわけですが。
そして何故か書籍版の値段が安い銀河戦記は書籍化が2巻以降音沙汰ないという。
どうなっとるねん!

いや、ほんとね?
最悪、挿絵つけてそのままwebのを載せちゃえばいいじゃんね。
書籍化しようってわざわざ話持ちかけるんだからそのくらいの覚悟持って話し通せよって出版社には言いたいね。
「あんま売れんから打ち切りで」とか読者舐めてるにもほどがあると思うのよね。
いや、実際そういう理由か知らんけどさ。
でも実際ものはあるんだから最悪それでも行けるはずだと思うのよね。
そしてそれを作者側が断る理由って薄いと思うのよ。
ぶっちゃけほとんど労力無く金が入るならそれに越したことないやん?
そう考えるとやっぱ出版社側の事情に思えて仕方ないというね。

でさ、そういう風に考えると最近ってそういう消費者舐めたような対応する会社って多いと思うのよ。
出版業界に限らずね。
資本主義だからとかなんだかとあるかもだけどさ、利益だけでいいの?みたいな。
もちろんその会社に所属する社員になってみれば、経営サイドに立ってみればまた話は違うんだろうけどさ、そこは置いといて。
何せ俺、ただの消費者だしね。

そしてさ、一方で現場のサービス業って言うのかね、お客と直接やり取りする人間にはさ、過剰なまでに客への配慮を求めるのよね。
まぁね、俺が末端の下っ端だからそういう事に不満を持つだけなんだろうケドね、それが不満なら偉くなれって話なのかもしれんけどね。

うちの会社もさ、現場は人足りなくてひいひい言ってるのにさ、上は顧客の言いなりでさらに仕事を倍プッシュ倍プッシュですよ。
どうにもこうにも回らなくて顧客に怒られるのは現場で上にもああだこうだ言われてさ、人足りなくてどうにもならんのに、そこにさらに仕事増やして終わるわけないやん!っていう。
そして顧客の不満が溜まっていざ上がそこを顧客に怒られるようになるとドロンですよ。
ありえなくね?
いや、お前らが持ってきた仕事なんだからそこは責任持てよ、っていうね。
にっちもさっちも行かなくなったら逃げるとかそれ社会人としてどうなのよ?
顧客のイエスマンからの職場放棄とか、そんなんの尻拭いをさせられる現場マジでたまったもんじゃねえっての。

世の中にはさ、別に真面目なわけじゃなくとも責任を放棄できない小心者ってのがいるのよ。
無責任な奴らの負債をまとめて引き受けてしまう貧乏くじ引くやつな。
そういうのが決まって有能ってわけじゃないから、引き受けて回せるわけも無くてそういう平凡な貧乏くじ引きマンはパンクしかけるわけよ。
今の世の中ってそういう存在が一定数居て始めて成立してるような、なんかそういう無責任さと貧乏くじの蔓延しきった世の中ってイメージがあるのよな。


つまりね、何が言いたいかというと、俺に彼女も友達も居ないのは世の中が悪いんだ!って事なんだ。ΩΩΩ<ナ、ナンダッテー





だから俺としてはまず「銀河戦記の実弾兵器」の書籍化再開をお願いします!って事なんですよ。
ほんと頼んますよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
web小説諸々 オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる