オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS ラストエンブリオ (3) 暴走、精霊列車!

<<   作成日時 : 2016/06/01 16:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「ギルティだ!!!ギルティだッ!!!」

ラストエンブリオ (3) 暴走、精霊列車! (角川スニーカー文庫)
KADOKAWA/角川書店
2016-05-31
竜ノ湖 太郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラストエンブリオ (3) 暴走、精霊列車! (角川スニーカー文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


GWの“天の牡牛"事件から3ヵ月。“生命の大樹"計画が動き出す中、遂に主権戦争の招待状が焔たちに届く。
精霊列車には箱庭中の実力者が集結し、西郷焔はそこで“ノーネーム"の春日部耀、そして更に意外な人物たちと出会い!?
同じ頃、外界で別行動中だった十六夜とプリトゥは、“廃滅者"を名乗る強敵と遭遇。いよいよ王群“アヴァターラ"が外界でも動き出す!
箱庭と外界に激震が走る、急転直下の第3巻!!


第二部始まってからなんか乗り切れないんだよなぁってずっと思ってたんだけどやっとわかった。
成長を実感できないんじゃん。
十六夜たちは成長してるはずなのに敵もレベル上がってて成長実感できる無双とかないんじゃん。
もうずっと苦戦苦戦苦戦にモヤッとした決着つかずじまいだので、シリーズ開幕当初のムカつく奴を問答無用でぶっ飛ばすスカッとした展開がいつから見れてないのよ?
世界観とか謎とか、そういうのも良いんだけどバランス、バランスですよ。

ちなみに今回の一番お気に入りなシーンはサウナで兄を語る弟3人の図。
なんのかんので「憧れの兄貴」してる十六夜が見れて良かった。
このシリーズにおける十六夜って、自分の中でも「カッコいい兄貴」なだけに主役格の二人もそういう風に見てるんだなってわかるこのシーンは凄いニヤけてしまった。


ともあれ、そろそろ問題児無双を、せめて彼らのこの数年間での成長っぷりを見られるだけの活躍を見たいなと思います。
でもま、ここまで引っ張ったなら絶望的窮地からのノーネームメンバー集結っつー第一部10巻のオマージュ的展開からの完全無欠の大勝利で大々的に成長を見せて欲しい気もしますね。
ついでに今回の冒頭が焔による十六夜の制限解除的な展開のアレならそれもぶっこんで貰っていざ第3部へ!みたいな?

やっぱ最後はカッコいい兄貴の背中を弟妹に見せてお別れってのが王道よなぁ。


シリーズの感想一覧
問題児たちが異世界から来るそうですよ?
1 YES!ウサギが呼びました! 3 そう・・・巨龍召喚 4 十三番目の太陽を撃て
5 降臨、蒼海の覇者 6 ウロボロスの連盟旗 7 落陽、そして墜月
8 暴虐の三頭龍 9 YES! 箱庭の日常ですっ! 10 そして、兎は煉獄へ
11 撃て、星の光より速く!  12 軍神の進路相談です!
ラストエンブリオ
(1) 問題児の帰還 (2) 再臨のアヴァターラ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラストエンブリオ (3) 暴走、精霊列車!  オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる