オタクの小唄

アクセスカウンタ

zoom RSS 閃の軌跡V プレイ日記その2

<<   作成日時 : 2017/09/30 13:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2回目の演習初日。



ノンストップで延々プレイし続けるとPS4がヤバイ熱くなるからたまの休憩にこうしてぶつぶつと呟くという。


フィーはリィンとリンク組んだときだけ戦闘終了後の掛け合いで弾んでるのが可愛いよね?
そして艦コレの島風に勝るとも劣らないあの紐パン。
馬に乗ると普通にサイドから見えてますよー。

1回目の演習のラストはなんか個人的にはモヤっと感が。
命令違反に対する対応がなぁなぁなのがなぁ。
リィン達もかつて・・・・って言うけど、守りたいものを守るための行動と力不足と否定された自分達を認めさせるという言わば自己顕示じみた理由を同列に語るのはなぁ。
完全に結果よければそれでOK的なのがどうなのよ的な。
まぁアッシュの態度とかそれ以前過ぎてアレですけど。
仮にも士官学校なのに、軍学校なのに、それはどうなの的な。


そして出てきました事前情報のない新キャラ、教授。
怪し過ぎるよ教授(笑)
まさか空に続いてまた黒幕が教授とかないと思うけどそれでも怪し過ぎる(笑)

あとマキアスの先輩、モブなのに普通にボイスありありで怪し過ぎる、メタ的に(笑)



蒼のジークフリードもお目見えしましたが、なんか騎神の契約の対価で遺体に騎神の中身(AI?)入ったクロウとかいうオチないかね?
起動者が死んだらAIが遺体使って動いて、死んだらまた騎神に戻るとかそんな感じ。
力の対価ってそんくらいあってもおかしくない気がするし、ヴァリマールは記憶とかに損傷があったから事前にお伝えできませんでした、とか。
「鋼」が以前に言ってたリアンヌと似て非なる存在ってのもその辺の絡みとかで、体はそうだけど心は違うよ?みたいな。
まぁそんなんあったら契約前にクロウが止めそうな気もするし、一方で止める暇なんてなかった気もするし、それが選択なら尊重しそうな気もしないでもないし、でもやっぱ何かしら言ってもおかしくない気もするという、そんな妄想。



そういやアガットともう一人A級が支援に来てるって話でしたけど誰なんですかねぇ?
サラ教官の事じゃないとは思うんですが。


シャロンさんの過去はやっぱりRFに仕えるきっかけに父親の死が絡んでましたねぇ。
いやぁてっきり殺したのがシャロンさんだと思ってたんだけどそこまで救いがない話ではなかった模様ですが。
むしろじゃあシャロンさんが任務で接触しようとした人物って誰やねん!という。
イリーナ会長が追い出したグエン爺がなんか微妙に怪しくなってくるわけですが。


バイク。
あのミニスカでまたいでサイドカーにクルト君乗せたら、そりゃパンツ見えるよね?
クルト君、見えてるよね?
もちろん自分もグリグリ動かして見ましたけど(笑)

っつーかクルト君微妙に犬チックなのな。
1章終わってちょっとリィンに対しての感情とかに変化見られて、セドリックに苛められて(笑)、しょぼくれるそんなクルト君が犬にしか見えない!

一方のユウナの方はこれツンデレか?
併合時に助けられてちょっと憧れたけど、真のヒーローは特務支援課だから、特務支援課の「敵」に憧れちゃダメなんや!的な面倒くさいツンデレか、これ。




それらはともかくとしてよくよく考えるとリィンに対する「灰」って言う色が示唆するもの、なかなかに興味深いというかなんというか。
白(革新派)でも黒(貴族派)でもない「灰」色。
混ざり合った「灰」色。
どっち付かずの「灰」色。

そして焔に焼かれた後に残る「灰」

第3勢力としての、そしてオズボーン(焔)の消えた後に残る者。
そんなイメージが浮かぶのがなんとも。

いやぁ、だって「鉄血の子供達」、みんななんだかんだでリィン君に対して好意的よね?
無論、そこには「父親」の「実子」という意味合いがあるのかもしれないけれど。

作られた、虚像の英雄というけれどそれが目くらまし、プロパガンダというだけでなく、果たすべき目的のその先を見据えたものですらある可能性。



まぁただの妄想ですけど。



はい、そんなわけで休憩終わりだまたプレイ開始だぜぃ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
閃の軌跡V プレイ日記その2 オタクの小唄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる